湘南工務店で注文住宅を頼む場合の打ち合わせから契約

湘南で注文住宅を建てたい。できれば工務店に頼んでみたい。でも家を建てたことがないので、打ち合わせや契約の流れがわからない。

そんな悩みを持っていませんか?

しかし、安心してください。ほとんどの人がマイホームを建てたことがない未経験者です。

マイホームは人生でいちばんの高い買い物と言われるので、見えないことに不安になるのも無理はありません。

湘南乃工務店の特長は、お客さまの住みたい家や暮らしのイメージを徹底的にヒアリングしてデザインすることです。

どのお客様にも共通する「より良い暮らしがしたい」という希望が叶うように、密にコミュニケーションを取って家づくりを進めていきます。

この記事では、「湘南エリアに注文住宅を建てたいお客さまが、湘南乃工務店の工務店に問い合わせたら、どのような流れで打ち合わせして、契約するのか」という流れを書いてみました。

藤沢駅近くの富士リアルティオ店舗で打ち合わせをする

湘南乃工務店でホームページで問い合わせると、どういう流れで打ち合わせが進み、家を建てることになるのでしょうか?

神奈川県藤沢市の藤沢駅にある富士リアルティ(湘南乃工務店)にお越しいただくことから始まります。

富士リアルティはJR藤沢駅の北口を出て、徒歩7〜8分の場所にあります。

こちらの4Fが富士リアルティです。

中には打ち合わせできる商談ブースが3つあり、ここでお客さまと打ち合わせしています。

家を建てる土地探しの相談をする

注文住宅をご希望のお客様が来店された時、最初に我々が確認することがあります。

それは注文住宅を建てたいお客さまが、「すでに土地を持っているか、持っていないか?」ということです。

建売住宅は土地と建てた家がセットになっており、土地の購入を考える必要がありません。

しかし注文住宅は、お客さまが購入された土地に、お客さまの希望に沿った家を、打ち合わせしながら建てていきます。

「じゃあ土地を買ってからじゃないと、工務店に足を運んではいけないの?

安心してください。当店にご来店されるお客様のほとんどは、土地を持っていなくて来店される方がほとんどです。

土地を持っていないけど、工務店だけ先に決めたいお客様もいらっしゃいます。

その場合は工務店が得意とする戸建のスタイル(湘南乃工務店ならカリフォルニア住宅など)を調べて、それに合わせた土地を探される方が多いです。

とにかく注文住宅は土地を決めることが第一。土地の地形によって図面をひき、間取りや外観を打ち合わせを始められるからです。

この後は土地を「すでに持っている、持っていない」でどういう流れになるのか?

2パターンを紹介します。

すでに湘南エリア(藤沢、鎌倉、逗子、茅ヶ崎、横浜南部)に建てられる土地を持っている

お客様が湘南乃工務店にご来店される段階で、「すでに土地を購入している」「親から相続した土地がある」という場合は、次のステップである打ち合わせに入ります。

この場合は下にある「注文住宅の打ち合わせをする」という項目を読んでみてください。

湘南・横浜エリア(藤沢、鎌倉、逗子、茅ヶ崎、横浜南部)で注文住宅を建てられる土地を探している

もしお客さまが土地を持っていない、これから探すという場合は、土地探しの相談から始まります。

多くのお客さまは土地探しの必要な段階で足を運ばれるので、まだ土地を購入されていない方も気軽にご相談ください。

この場合の土地探しは2パターンに分かれます。他の不動産会社で依頼する場合湘南乃工務店のグループ仲介会社に依頼していただく方法です。

不動産会社は土地の売買を手掛ける専門の会社です。更地、古家付、建築条件付きなど、いろいろな土地を紹介してもらえます。

他の不動産会社で購入された土地でも湘南乃工務店で家を建てられるので安心して下さい。

一方で、湘南乃工務店のグループ会社にも土地の仲介業者があります。そこに頼むことも可能です。

当社は藤沢6つ、横浜の戸塚に1つの合計7店舗があり、地域に密着した土地情報を収集しています。

このスケールメリットを活かすことで、他の業者よりも広い範囲を網羅できて、土地の情報の取得も早いです。

湘南エリアと横浜の南部エリアに限定されますが、湘南乃工務店でもこのエリアで探している方に見合う土地をご紹介できます。

建てる予定の注文住宅の打ち合わせをする

無事に土地を取得したら、いよいよ注文住宅の打ち合わせに入ります。

ここから湘南乃工務店でできることを紹介します。

お客さまから徹底的にヒアリングをする

注文住宅を建てるときに、湘南乃工務店の工務店が大事にしていることは、徹底的にお客さまに寄り添うことです。

注文住宅を建てる時に、お客さまに合ってないものを提案しても意味がありません。

最初に私たちがお客さまを理解して、お客さまに合った注文住宅を提案するために、徹底的にヒアリングします。

お客さまの生活パターン、家族構成、現在の年齢、子供の状況、職場の場所、通勤手段、趣味など、本当にしつこいほど聞かせていただくのです。

しかし、最初の段階の打ち合わせの時点で、お客様の建てたい家のイメージは、まだ聞きません。

なぜなら最初に聞くお客さまの住みたい家のイメージと、お客さまのこれから望んでいる湘南の生活が合っているか、最初の段階ではわからないからです。

だから、湘南乃工務店は徹底的にお客さまにヒアリングします。徹底的にお客さまの現在の生活と状況を理解してから、お客さまの住みたい家のイメージのすり合わせの準備をしていくのがモットーです。

お客さまの住みたい家のイメージを聞き、間取りと外観などの希望を聞いていく

お客さまのヒアリングを終えたら、お客さまの住みたい家のイメージを聞いていきます。

そして間取りや外観の打ち合わせに移り、図面を作っていくのです。

たとえば、お客さまが湘南でサーフィンを楽しみたいなら、我々は使いやすいようにお風呂を玄関や勝手口の近いところに設置することを考えます。帰ってきてすぐにシャワーを浴びれるようにするためです。

お客さまが家族団欒の時間を重視したいなら、1階のリビングの奥にウッドデッキを提案をします。BBQで楽しい時間を過ごしてもらえるような間取りのほうがお客さまに合っていると考えるからです。

合わせて外観のイメージも聞いていき、どのような外壁やバルコニー、屋根にしたいかなどもこの時に聞きます。

なぜなら間取りと外観は連動するからです。バルコニーをつけたいと思ったら、中の部屋の間取りも変わってくるので、この時に調整します。

この打ち合わせの時でも我々が大事にしていることは、徹底的にお客さまの欲しい家のイメージを聞くことです。

現在はインターネットやSNSを使えば、お客さま自身で住みたい家のイメージが無数に出てきます。

実際にお客さまから頂いたイメージをもとに作った注文住宅

だからこそ、湘南乃工務店はお客さまがイメージしたものを、なるべくデザインしていくことを心がけているのです。

実際の打ち合わせのやりとりでも、LINEを交換できるお客さまとはLINEを交換して、どういう家のイメージにしたいのか教えてもらっています。

Pinterest(ピンタレスト)やInstagram(インスタグラム)で見つけた画像を送ってもらったり、お客さまが出勤中に通りかかって良いと感じた家の外壁をスマホのカメラで撮って送ってもらったり。

湘南乃工務店で受けているほとんどの注文住宅の打ち合わせはこんな感じです。

注文住宅の家の内部設備を決める

家の図面が決まったら、次は家の中の設備を決めていきます。

決めるものは特に水回りを中心です。キッチン、トイレ、お風呂、他にも床材などを選んでいきます。

選ぶ設備の決め方は2通りです。

お客さまがショールームに行って良いと思ったものを教えてもらい、湘南乃工務店側でメーカーからサンプルを送ってもらうこともあります。

一方で、湘南乃工務店のスタッフがお客さまと一緒にショールームなどに行って、どれが良いかを検討することもあります。

ここでも湘南乃工務店が大事にしているのは、お客さまの住みたい家のイメージに寄り添ってアドバイスをすることです。

契約から工事の着工、6ヶ月後に引き渡し

ここまで終わったら、金額の契約をします。契約を無事に交わしたら工事を着工して、約6ヶ月後に完成です。

無事に完成したら、お客さまに引き渡します。

まとめ 

この記事では、お客さまに湘南乃工務店へご来店いただいて、注文住宅を依頼していただいた時の流れを紹介しました。

私たち湘南乃工務店の一番の特長は、お客さまに徹底的に寄り添うことです。

ある意味で密着しすぎ、お客さまとの距離が近すぎるのかもしれません。ただ湘南乃工務店のスタッフ全員が親身になって、お客さまに「建てた住まいで良い暮らしをしてもらえること」を考えています。

家づくりで大事なのは建てる住まいではなく、そこでいつまでも笑顔でいてもらうお客さまの生活です。

そのために湘南乃工務店はお客さまを徹底的に理解して、お客さまと二人三脚で住まいをつくりたいと考えています。

こんな工務店に頼んでみたいと思っていただいたお客さま、ぜひお問合せをお待ちしております。


→ メールでの相談のお問い合わせはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。